ニキビ跡を隠す正しい方法

ニキビが出た後の対応を間違えるとニキビ跡はしっかりと残りますし、赤くなったり色素変化で茶色から黒くなったりもします。
自然に任せていれば20代ではターンオーバーの働きで、28日程度で消滅するのですが、メイクしないで過ごせない方には悩みの種にもなります。

このニキビ跡、メイクテクニックで隠すことも可能ですが、正しく出来ないと肌状態は悪化することにもなりますから、キチンと正しいメイク法を学びましょう。
第一に気をつけたいことは、メイクでニキビ肌を悪化させないことです。

メイク用品の選び方に気をつけましょう

通常のメイク法と違うのは、ニキビ跡の状態がどのようになっているか、によります。
それと共に、「自分の肌色」や「メイクの技術」などによって選び方は違ってきます。
メイクに慣れていない人は、隠すことが先行してしまって厚塗りの化粧になり勝ちです。

そのために、選んだファンデーションはカバー力の高いものになりますが、肌にとっては負担がとても大きいことを考慮してください。
特にニキビ跡のケアを考えた場合には、肌への負担は少ないことが条件になります。
ニキビの悪化は肌状態をさらに悪くする可能性が高いからです。

厚塗りと長時間のメイクは、歓迎できません。
それを避けるには、ファンデーション一つで無理に隠すのではなく、コンシーラーを効果的に使用することです。。
ニキビ跡を上手に隠すには、カバー力の高いスティックタイプのコンシーラーを使います。

軽くぼかして仕上げるためには、「化粧下地にカラーコントロール効果のあるもの」を選ぶことをおススメします。
ぼかして塗ることで、重ねるファンデーションの厚塗りは避けられます。

ニキビ跡を隠す化粧法

ニキビ跡を隠すメイクには、化粧下地+コンシーラー+ファンデーションという組み合わせが一般的です。
ニキビ跡の状態によって、上手に組み合わせましょう。

カバー力の高いファンデーションだけで覆うことは、肌への負担を増してしまうのでおススメできません。
肌への負担を考えた場合は、「厚塗りしない」「メイクしている時間が長すぎない」ことが大切になります。

しっかり厚塗りして長時間そのままにすることは、とても肌の負担になります。
厚塗りはファンデーションだけに頼ってしまう結果なので、コンシーラーや化粧下地を上手に活用して、肌を守りながら美しくメイクしていきましょう。

コンシーラーは、効果的に跡を隠すカバー力の高いスティックタイプが良いと思います。
また、跡をぼかすためには、カラーコントロール効果のある化粧下地をおススメします。

赤いニキビ跡を隠す

ニキビ跡の変化では、まず赤くなって目立つことから始まります。
赤い色をごまかすには、補色の緑を重ねることが効果的なようです。

学生時代の試験勉強を思い出したのですが、赤線を引いた上に緑のフィルムを重ねると赤が見えなくると言うあの方法ですね。
この効果を狙って赤みのある部分に、グリーン系の化粧下地やコンシーラーを叩くように塗り、その上からファンデーションを重ねて目立たなくさせるというメイク法です。

グリーン系で上手く隠せない場合には、パープルやブルーの化粧下地なども試してみてください。
このメイク法に抵抗や不安がある場合や、赤みが薄い場合には、イエローカラーでもある程度は隠せるようです。
イエローカラーの場合は、補色で隠すというよりは「上から覆い隠す」と言う方法になりますが、この場合には化粧下地よりコンシーラーの方が適しているようです。

色素沈着してしまったニキビ跡には

ニキビ跡が茶色や黒く色素沈着してしまったら、かなり隠すのは難しくなります。
メイクでのコントロールでは隠せなくなっていますから、覆い隠すことを考えてコンシーラーを使用します。
自分の肌色より少し暗めのコンシーラーを使い、色素沈着の部分を上からカバーするのです。

そして、その上から自分の肌色のファンデーションを乗せます。
黄色のコントロールカラーも、色素沈着を目立たなくしてくれる効果がありますから、どちらかを試してみましょう。

この場合も、できれば肌の負担を軽くしてくれるパウダーファンデーションを使用することが良いでしょう。
軽い仕上がりが期待できますから厚塗りの印象は避けられますし、肌への負担も軽減できます。
頬にあるニキビ跡の場合は、ちょっと濃い目のチークでふんわりと優しい印象を乗せる方法もありですね。