にきびをこじらせてしまうと、肌はダメージを受けてデコボコ状態=クレーターになってしまいます。
にきび跡がクレーター状になってしまっては、自分の処理ではとても難しくなりますから、治す(元の綺麗な肌を取り戻す)ことは、数年ががりになってしまうとのこと。
メイクなどではとても隠せないクレーター、どのような状態なのか見てみましょう。

クレーターにきび跡は3種類

・範囲は狭いのですが、根は深く真皮まだ達している「アイスピックタイプ」
・4ミリ以上の広い範囲でへこみが見られる「ローリングタイプ」
・深さはないのですが、凹みの底辺も平らで大きい「ボックスタイプ」

以上の3つに分別できます。
いずれもにきびが肌へ与えたダメージで出来てしまうのですが、真皮ので達してしまったのか、広い範囲に広がってしまっのか、の違いが見られます。

自分でケアしても治らない

肌にできてしまったにきび跡は、なかなか治癒しない場合が多く、また少しずつ治していくにも時間が掛かります。
でも、まったく治療法が無いわけではありません。
洗顔に適した「クレンジングジェル」や「スキンケアフォーム」、洗顔後に使用する「肌に柔軟性を与える化粧水」などは、浸透率がとても良く口コミの評判も良いようです。

要するに「ターンオーバーを正常化する」ことが重要なのですが、散々苦労してきた人には聞き飽きたことかも知れません。
でも、丹念に少しずつ時間を掛けて治さなければ、クレータ化してしまった肌は取り戻すことは非常にむずかしいのです。
人によって肌質が違うように、生活習慣もそれぞれ異なっているのですから、全ての人が同じ方法で治癒できるはずは無いのです。

それでも、屈せずにじっくり腰を据えて掛かる覚悟があれば、自分に適したにきびケアの美容品を見つけることは出来るでしょう。
自宅でできる「ホームピーリング」などで、古い角質を除去することも出来るのですが、とても慎重にすべきですし、さらに状態が酷くなる可能性もありますから気をつけましょう。

やはり治療はクリニックに任せる

そうですね、早道を選ぶのなら「専門医」に任せるのが一番でしょう。
専門のクリニックは数多くあります。
数年かけてじっくりと自分でにきび跡に向き合うのが辛い方や早く綺麗な肌に戻りたい方には、しっかりとクリニックを調べて選ぶことをお勧めします。

「レーザー治療」が一般的ですが、肌がふっくらと整ってくるという効果があります。
何回かの施術が必要ですが、繰り返して行うことでだんだんと目立たなくなるようです。

「ケミカルピーリング」は、古い角質を除去していきます。
肌の盛り上がってしまった部分は角質が硬くなっているので、ピーリングをかけることでターンオーバーの乱れを正して、新しい皮膚を再生していきます。

1回ではなく、何回か受ける必要はありますが効果もあるようです。
治療には、ホームケアのための薬や化粧水などもあるようですし、丁寧な診察と生活習慣の改善まで助言してくださるとか、安心安全なクリニックを探してください。

クレーターにしないようにきちんと自分で管理する

クリニックに相談するにも、自分の生活スタイルである「生活習慣」はきっちりと把握しておきましょう。
にきびを作らないような生活が理想なのですから、「食生活の乱れ」「ストレス」「睡眠不足」などに気をつけて過ごすことです。
規則正しい生活や肌の清潔を守ることで、出来てしまったにきびも早く治すことは出来ます。

にきびが出来なければ「クレーターにきび」には発展しないのですから、『にきびを悪化させない方法』をキチンと知っておいてください。
「正しい洗顔」「できてしまったにきびには触らない」「髪形はキチンとまとめて肌に垂らさない」「寝具もこまめに洗って清潔にする」等々、生活も清潔を第一にしましょう。

綺麗な肌作りは、毎日の努力から始まるのです。
そして、体質的なもので「にきび」が出来やすい人は、できてしまったら「にきびを触らない・潰さない・摩擦を与えない」ように気をつけてください。

肌のデコボコは、専門医で診てもらって治療するのがベストですが、それほど酷くない場合には「デコボコ肌用美容液」なんてものもあります。

クレーターにきびの傷を完全に治すことは難しいとされていますが、でこぼこ状態を目立たなくすることは可能なようです。
クレーターにきび跡に効く「ビタミンC」や「グリチルリチン酸2K」といった成分はもちろん入っていますし、肌の生まれ変わりをサポートする力に優れている「卵殻膜(卵の薄皮)」も配合されているそうです。

そして、さらにはニキビ跡専用の化粧品もお勧めです。
赤みを取り除く・色素沈着を残さない・凹んだ肌を押し返すといったにきび跡には必要な3つの要素がきちんと配合されています。
独自の浸透技術で角層の奥まで届くのだそうで、悩んでいる人にはとても嬉しい美容液ですね。

丁寧なにきびケアは、肌のバリア機能を確実に回復させますから、肌は潤いを取り戻して傷跡を目立たなくさせてもくれるようです。
気長なスキンケアで肌の回復力を高め、にきび跡を作らない・残さないことは出来るようですから、諦めないで適切なスキンケアは続けていきましょう。

クレーターにきびを作らないようにするには、炎症をさせないよう気をつけることです。
炎症さえ防ぐことが出来れば、傷跡は残らないのですから、『絶対ににきびは刺激しない』ことを肝に銘じてくださいね。