以前は25歳がお肌の曲がり角、なんて言われていましたが、スキンケアは早く始めるにこしたことはありません。シワやシミは女子にとっては鏡を見るたびに気になる問題です。「もう若くないから多少はしょうがない」なんてあきらめていませんか。努力をあきらめたらシワとシミの思うつぼ。原因と対策を解明してできるだけ綺麗なお肌を保ちましょう。

シミとシワのできる原因は?

シミもシワも基本的には紫外線にあたることが大きな原因です。赤ちゃんや小さい子供って、シミもシワもなく、弾力があってピチピチのお肌ですよね。ファンデーションも塗っていないのにうらやましいくらいのマットなお肌だったりします。

これは若いからという年齢の問題よりも紫外線にまだあまりあたっていないことの方が大きな理由なのです。極端な話、紫外線に当たらなければ赤ちゃんのような綺麗なお肌を保てるのです。

例えば田舎で畑作業をしているおじちゃんやおばちゃんって結構シワが多くて色黒でシミが多かったりしますよね。それは加齢によるものより紫外線に大きな原因があるのです。シミやシワの原因は自然な老化による部分が20%で、紫外線によるものが80%と言われているのです。ということは紫外線対策を充分にすれば80%はシミシワ対策ができるということです。

紫外線の影響力

陽に当たると日焼けをして肌が黒くなります。おおざっぱに言うと日焼けが肌にいつまでも残ったものがシミです。もっとひどくなったものがシワです。

お肌はよくできていて、刺激を受けると自らを守ろうとする働きがあるんですね。紫外線にあたるとお肌は刺激を受けたことを感知します。すると活性酸素が発生して皮膚内のメラノサイトがメラニン色素を生成します。メラニン色素は色が黒いので、肌の色が黒くなります。これが日焼けです。

もう少しいうとお肌は紫外線だけでなく物理的な刺激にも反応してメラニン色素を生成します。例えば腋の下とか下着のビキニラインが黒ずんでしまうことがありますよね。あれも刺激に反応してお肌を守ろうとしてメラニン色素が作られた結果なのです。
<なぜメラニン色素がお肌に残ってしまうのか>

子供のうちは日焼けしてもわりと早く日焼けの跡がなくなっていませんでしたか?これは新陳代謝が活発である証拠です。皮膚の新陳代謝が正常で活発なため、メラニン色素が沈着しないうちに新しい皮膚が再生されるのですぐに綺麗な肌に戻ったように見えるのです。

皮膚の新陳代謝、いわゆるターンオーバーがうまくいかなくなると肌の再生サイクルがうまくいかなくなり、新しい皮膚の再生が遅れると同時に古い皮膚が残ったままになってしまいます。黒いメラニン色素が皮膚に残ったまま沈着し、シミ、そばかす、シワの原因になってしまうのです。

シミとシワを体から追い出したい

ではどうすればシミとシワを追放できるのか。その対策について考えてみましょう。もちろん外出する時の日焼け止めや日傘は必須ですが、対策は他にもまだまだあります。

①睡眠不足を解消する。

仕事にも遊びにも忙しい女子はどうしても睡眠時間を削りがちになりますが、睡眠不足はお肌のターンオーバーの周期を崩す原因のひとつです。お肌は活動的な日中ではなく、夜にダメージを回復しようとします。夜10時頃から2時頃が皮膚再生のゴールデンタイムと言われています。この時間に成長ホルモンも分泌されます。

この間に睡眠をとっておくとお肌のターンオーバーが正常化し、シミやシワの対策になります。寝る子は育つと言いますが、寝ることでお肌も健やかに育つというわけです。

②顔の筋肉を鍛える。

年齢を重ねてくると筋肉はどうしても衰えてしまいます。筋肉が衰えるとハリがなくなり、全体的に下がってたるんできます。たるんだ部分はシワとして完成します。しかし筋肉を鍛えることでハリが戻り、シワもある程度元に戻ります。お腹のたるみを腹筋で元に戻すのと同じ理屈ですね。

③酸化を防ぐ食材を採る。

抗酸化作用という言葉を聞いたことがあると思いますが、抗酸化作用というのは体の酸化を防ぎ、老化を防止する作用のことです。
抗酸化作用のある食材を採ることでシミ、シワ対策になります。

シミシワ対策になる食品

①コーヒー

コーヒーは赤ワインと同じくらいのポリフェノールを含んでおり、抗酸化作用のある食品です。

②トマト

トマトはリコピンを豊富に含んでいることはご存知だと思いますが、リコピンには抗酸化作用があり、メラニンの生成を抑える作用があります。

③バナナ

ビタミンB6、ビタミンB2を含む美容に良い食べ物として知られています。抗酸化力の強い食材であり、熟したものの方が抗酸化成分が豊富です。

④緑茶

カテキン、ビタミンC、ポリフェノールを含んでおり、メラニンの生成を防ぐ作用があります。日本人の綺麗な肌は実はお茶に支えられてきたのかもしれませんね。