シミの種類と原因をおさえておこう!

洗顔やメイクの時に鏡を見て気になるのがシミですよね。ファンデーションで隠れる程度ならまだいいのですが、放っておくとどんどん酷くなる可能性もあります。シミのおもな種類は「肝斑」「炎症後色素沈着」「光線性花弁状色素斑」などがあります。
いずれも原因は紫外線。紫外線を浴びることで肌が刺激を受け、メラニン色素が生成されます。通常ですとターンオーバーで新しい皮膚が再生されてメラニン色素は落ちていきますが、ターンオーバーがうまくいっていないとメラニン色素が皮膚に沈着してしまい、シミになります。
他にもメラニン色素が皮膚に沈着する原因は、加齢、ストレス、ホルモンバランス、偏った食生活などの要素が関わってきます。

①「肝斑」

肝斑は比較的治りにくいとされているシミです。特徴としては頬骨のあたりに左右対称に表れることが多いです。ポツポツできるのではなく、広い範囲に広がるように現れるのが特徴です。30代頃から年齢が高くなるにつれて見られることが多いですが、60代になると薄くなると言われています。原因としては紫外線だけでなく、女性ホルモンに関係していると言われており、妊娠やピルの服用によって現れたり、ストレスなどによるホルモンバランスの変化によって出ることもあります。

女性ホルモンが大きく関係していると言われていますので、できるだけストレスのないよう過ごすことが大切です。しかし忙しい女性にとってはなかなか難しい対策かもしれませんね。他には食生活でビタミンCやビタミンEなどを豊富に含む食材を採ることも対策のひとつです。ビタミンCはレモンやオレンジ、アセロラなどの果物、ビタミンEはアーモンドなどのナッツ類に豊富に含まれています。もちろん外的要因である紫外線対策は必須です。

②「炎症後色素沈着」

炎症後色素沈着は皮膚がニキビやヤケドなどでお肌が炎症を起こした後に色素が沈着してしまった黒褐色や褐色のシミのことを言います。お肌に炎症が起こると、お肌は自分を守るためにメラニン色素を生成します。基本的にはターンオーバーで自然に消えていくことが多いのですが、ターンオーバーがうまくいっていない場合には色素がそのまま沈着してしまい、シミとなって残ってしまうのです。

原因としては、ニキビ跡や肌荒れ、虫さされ、日焼けやヤケドなどです。色素沈着の対策としては、メラニン色素の生成を抑えるビタミンCなどを摂取し、バランスのいい食生活を心がけること、また、十分な睡眠をとってターンオーバーを正常に戻すことが大切です。

また、ニキビや肌荒れが原因でもありますので、洗顔やスキンケアを正しく行うことが課題になってきます。洗顔のしすぎやピーリングのしすぎなどは逆効果になりますのでやりすぎには注意しましょう。シミになってしまってもレーザー治療やケミカルピーリングなどで薄くすることもできますが、まずはシミを作らない、悪化させない生活習慣を身につけることが先決です。

③「光線性花弁状色素班」

紫外線を浴び過ぎてできるシミで、花びらが散ったような形に見えることから名づけられたシミです。ビーチなどで紫外線を長時間浴び、炎症が起こった後に発症します。陽射しに当たりやすい肩や背中の上部などにでることが多いです。敏感肌だったり色白だったりして日焼けをしても黒くならず赤くなってしまう方にできやすいですね。

ビーチやプールでは大体の女性は日焼け止めを塗っていると思いますが、汗や水によって日焼け止めの効果は落ちてしまいますので、こまめに塗り直すことをおすすめします。また、最近はラッシュガードなどを着用する女性も多くなっていますね。ラッシュガードは地肌を紫外線から守るにはかなり有効です。

日焼けはヤケドの一種なので、ヒリヒリしたり赤くなったりしたらすぐに冷やすことが効果的です。水ぶくれになった場合、痛みが気になる場合には皮膚科などで見てもらうといいでしょう。